未分類

チラシの裏 その3「漫画完成への道のり」

投稿日:

ある日 目が覚めたら

作品が完成していないかなあ

当然そんなことはなく

自分で描かねば完成はいたしません

漫画を作るにはネタが必要です

世にはアイデアが湯水のように湧き出る

天才がいるようですが

私は頭をひっくり返しても

何も出てこないので 毎日毎日唸ります

日常生活の中でアンテナを張り

何か題材にならないか 探します

①家で物音がした

②不審者かお化けかな?

③お化けとルームシェアとか面白そう

④これ漫画にしてみよう

これは上手く結びつけられた時です

大抵は

①ラーメンおいし…

②おいしかった

③終わり

だったり

①今日めっちゃ寒い

②寒くてキレそう

③終わり

です

 

ネタが出れば次は話を作ります

私は繊細な描写や大胆なコマ割りを描くほど

大層な人間ではないので

セリフと何となくのシーンの説明を

簡単に文章でおこします

これを仕事の昼休みなどに

モソモソと書きためていくと

話ばかり溜まっていき

マンガにする作業が追いつかないという

無様なオチです

作業は基本的にiPadで行うのですが

iPadに触れられる時間は

全部絵を描く作業に費やします

ネタ出し等はiPadで作業できない

移動中や仕事中に行います

 

それが出来たら いよいよ絵を描きます

文字に起こしたものを元に描くので

基本的にネームは描きません

描いているうちにやる気がなくなるからです

コマ割りも初めに適当に作ってみて

絵を描きながら調節していく感じです

デジタルだから出来ることですね

もうアナログで漫画描けない気がします

そんなこんなで進めていけば完成です

1ページ辺り、iPadでの作業時間は

およそ3時間程度です

大体2日かけて作っていく感じです

ところで平日のスケジュールですが

いつもこのように生きております

昔は5時間睡眠で生活していましたが

巨匠水木しげる大先生や

規則正しい吉良吉影先生を見習って

8時間睡眠を心がけるようになりました

この生活リズムになってから

主な病気はものもらいのみです

 

漫画を作るためにはやる気と元気と根気が

一番必要だと思います

まずは完成させること

そして完成させたら

自分をめっちゃくちゃ褒めます

そして明日もまた 漫画を描きます

一生漫画描けたら幸せです

一生遊んで暮らせたらもっと幸せです

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-未分類

Copyright© 四丁目青果店 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.