華の工業高校生 「であい」

突然ですが、私のリアル友人「たっちゃん」さんとの会話です。

 

私が歩んだ恥の多い高校時代について簡単に説明すると、

男女比9:1の工業高校でした。

そのおかげか(そのせいか)特殊な学生生活を送りました。

「これ漫画にしたら面白いのでは?」

しかし、登場人物が男ばかりだとむさ苦しいので、全員女性キャラにします。

実在人物を、それも友人を女性化するのはとてもとても心苦しいですが

全員足並み揃えて恥をかいてもらうことにしました

この漫画を読んで、自分自身の人生と比べて、まだまだ恥ずかしくないぞ、とか

こいつみたいな人生は歩むまい、と反面教師にしてくれればこれ幸いです

はじまりはじまり

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

当時どっぷりとアニメや漫画にハマった私は

東京という大都市に出て、大きな本屋やアニメショップに

毎日、放課後に通いたいという強い信念がありました

田舎である地元に見切りをつけ、ドがつくほど猛勉強をして

無事、都内の高校に合格しました

しかし、そこが世にも奇妙な工業高校

まず、入ったクラスの面子からおかしな雰囲気でした

ドラゴンの刺繍が入ったパーカーに身を包むヤンキー

パソコンを無心にカタカタする無表情くん

堂々と成人コミックを広げるオタク

ヒロ〇カもビックリな個性の集団がそこにはありました

これで一回、私の心は折れかけました

こんな人達とこれから一緒に過ごすの?

無理でしょ

むーりぃー

困惑しながらむかえた、お昼ご飯の時間です

開幕早々、前席の人がいきなり振り向いて

無言で私の卵焼きを強奪しました

(何だこいつ)

後にも先にもなかなか無い初対面です

こんな人とは仲良くできないわ…、と確信しました

ただこの盗っ人が、数年先も関係が続く

「たっちゃん」であったという運命的な話です

つづく

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

これからの人生、前を向き続けるために

定期的(具体的に毎週水曜日・日曜日)に昔話を載せていきます

どこまで描けるかわかりませんが、

リアル友人に特定されて訴えられたり

私自身、描くのが辛くて発狂したりしない限り

続けていくつもりなのでお付き合いください

次回は6月9日(日)に更新です

 

>>次の話 「さけび」

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。